新型BMW 3シリーズのハイブリッド仕様、アクティブハイブリッド3

2012年1月9日、米国で開幕するデトロイトモーターショー12。BMWのブースでは、新型『3シリーズ』のハイブリッド、『アクティブハイブリッド3』がワールドプレミアを飾る。

これはBMWの米国法人、BMWノースアメリカが明らかにしたもの。2011年11月、ドイツ・ミュンヘンで披露された新型3シリーズだが、そのハイブリッド版がデトロイトモーターショー12で初公開されるのだ。

すでにBMWは、『5シリーズセダン』をベースに開発した市販ハイブリッド車、『アクティブハイブリッド5』を発表済み。アクティブハイブリッド3は、基本的にこれと同じシステムを搭載する。

エンジンは、「335i」グレード用の直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボで、最大出力306ps、最大トルク40.8kgmを発生。モーターは8速ATと一体設計され、最大出力54ps、最大トルク21.4kgmを引き出す。

欧州複合モード燃費は、15.63km/リットル。これは、最大4kmをゼロエミッション走行できるEVモードの効果もある。BMWによると、環境性能は335i比で12.5%改善されているという。

アクティブハイブリッド3は2012年秋、発売予定。競合するメルセデスベンツ『Cクラス』やアウディ『A4』、レクサス『IS』にはハイブリッドの選択肢がないだけに、アドバンテージとなりそうだ。

新型BMW 3シリーズのハイブリッド仕様、アクティブハイブリッド3 新型BMW 3シリーズのハイブリッド仕様、アクティブハイブリッド3 新型BMW 3シリーズのハイブリッド仕様、アクティブハイブリッド3