中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の電力6社は中・西日本で風力発電の導入拡大を図ることで合意した。

具体的には、電力周波数が共通の中西日本6社が、風力発電の導入拡大に伴って出力変動に対応する調整力に余裕がなくなる会社から、地域間連系線を通じて電力を送電することで調整力を確保する。電力を安定的に供給しながら風力発電の導入拡大を図る枠組みを構築する。

第一弾として今後、風力発電の導入が進むと風力発電の出力変動に対応する調整力に余裕がなくなる北陸電力、四国電力から、系統容量の比較的大きな中部電力と関西電力に電力を送電し、北陸電力、四国電力が必要な調整力を確保する具体化な検討を行う。

この取り組みにより北陸電力エリア、四国電力エリアの風力発電導入量をそれぞれ20万kW程度拡大することを目指し、両エリアの風力発電導入量をほぼ倍増する。