ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》

9月のフランクフルトモーターショーで国際デビューしたベントレー『コンチネンタルGTC』が日本でもお披露目された。

初代のコンチネンタルGTCは2006年に発表された。その最大のマーケットはアメリカで、販売台数の48%を占める。そして、日本と韓国を合わせた販売シェアは0.4%。それほど大きな数字ではないものの、日本では200台近くが販売されたという。

日本の購入ユーザーを分析すると86%が男性であった。「しかし、他のベントレー各モデルと比較し、女性ユーザーが多いのはこのクルマの大きな特徴のひとつです」とは、ベントレージャパンマーケティングPRマネージャーの横倉典さんの弁。さらに、「これまでベントレーに乗っていない新規ユーザーが多いというのも特徴です」と分析する。

これらの結果を踏まえ、新型のターゲットユーザーは、「30歳以上の男女で、比較的若くしてビジネスで成功し、公私ともパワフルでチャレンジングな人。そして、ありきたりなライフスタイルではなく、常にイメージやパワー、ラグジュアリー感、プレステージ感を重視する人が自分へのご褒美として購入するのではないか」と想定する。

また、先代ユーザーの購入時重視点は、「ベントレー伝統のクラフトマンシップ、デザイン、装備品もさることながら、加速性能やエンジンのサウンドなどという、クルマそのものが持つパフォーマンスを非常に重視して購入しているユーザーが多い」ことから、その点を大きく反映させ、開発されたのが今回の新型であるとした。

ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタルGTC《撮影 内田俊一》