トヨタ アクア(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》

トヨタ自動車が26日に発表予定の新型コンパクトハイブリッド車『アクア(AQUA)』。販売店で入手した資料には正式な燃費とともに、そのボディサイズが記載されている。

資料によるとアクアのボディサイズは、全長3995mm×全幅1695mm×全高1445mm、ホイールベース2550mm。同社の『プリウス』と比べ、全長485mm、全幅は50mmそれぞれ短く、全高は45mm低い。ホイールベースも150mm短い。コンパクトサイズながら5名乗車が可能だ。

ホンダの『フィット』(2WD車)との比較では、全長は95mm長く、一方で全高は80mm低い。全幅は全く同じで、ホイールベースは50mm長い。全高は低くスポーティなスタイルとしながら、ホイールベースを長めにとることで高い居住性を確保している。

資料によると、「走りと居住性にも、驚きのうれしさ」として、「1クラス上の居住性」、「広い荷室空間」を実現したとしている。燃費だけでなく、5ナンバーサイズのコンパクトなボディながら、居住性を犠牲にしていない、という点もアクアの売りだと言える。

トヨタ アクア(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》 トヨタ アクア(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》 トヨタ アクア(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》 トヨタ アクア(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》 トヨタ アクア(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》 トヨタ販売店で顧客向けに配布されているアクアの資料 トヨタ販売店で顧客向けに配布されているアクアの資料