ベントレー コンチネンタル GTC《撮影 内田俊一》

ベントレーモーターズジャパンは21日、9月のフランクフルトモーターショーで発表された『コンチネンタル GTC』を日本で公開した。価格は2640万円で最初のデリバリーは2012年の第2四半期、4月以降を予定している。

「品質に妥協することなく、力強く現代的なデザインを持ち、また、比類ないクラフトマンシップ、快適性、そして、息をのむほどのパフォーマンスを持ち合わせたのがこのモデル」と同社リージョナルマネージャーの牛尾裕幸氏。そして、「これらの特色はベントレーが世界で一番すぐれたコンバーチブルモデルを開発するための核となった考え方です」と述べる。

まずそのデザインについて、「より鋭いライン、人目を引くヘッドランプ、よりアップライトになったフロントメッシュグリルにより、このオープントップモデルに力強い印象を与え、どんな場所でも、注目を集める魅力的なクルマにしています」という。

また、コンバーチブルモデルを快適に毎日乗ってもらうための実用性も開発した。「リアのレッグスペースを拡大し、革新的なネックウォーマーを装備しました。これによりフードを下げていても、また、どのような温度の中でも快適にドライブができます」。

これらのことは、ベントレーに共通した考え方によって開発されたことだと牛島氏はいう。「それは、運転する喜びです。クルー(ベントレーの本部があるイギリスの場所)のエンジニアはどんな道でも、そして、どんな気分の時でも、オープントップモータリングのスリルと、息をのむようなパフォーマンスを楽しんでもらえるラグジュアリースポーツコンバーチブルを作るというチャレンジを成し遂げたのです」と語った。

ベントレー コンチネンタル GTC《撮影 内田俊一》 ベントレー コンチネンタル GTC《撮影 内田俊一》 ベントレー コンチネンタル GTC《撮影 内田俊一》 ベントレー コンチネンタル GTC《撮影 内田俊一》 ベントレー コンチネンタル GTC《撮影 内田俊一》