ベントレーコンチネンタル GT V8《撮影 内田俊一》

ベントレーモーターズジャパンは21日、2012年のデトロイトモーターショーで正式に発表される予定の『コンチネンタル GT V8』を世界に先駆け日本で公開した。

ベントレーモーターズヘッド・オブ・マーケティング&コミュニケーションのロビン・ピール氏は、このアウディと共同開発した新型4リットルツインターボV8エンジンについて、排出ガス量に対して非常にパワーが強いことが特徴だとする。また、「直噴システム、可変排気量、新開発のクロスレシオ8速トランスミッション、および四輪駆動といった先進テクノロジーを採用することにより、フラッグシップである、6リットルW12のGTとGTCを見事に補完しています」とし、それぞれのボディにV8モデルが追加されることを述べた。

さらに環境性能においては、「燃費とCO2の排出についてもラグジュアリークラスにおいて際立った水準に達しており、またフルタンクの燃料で800kmを継続走行することが出来る」とする。そして、この新型V8エンジンは高度に洗練されたエンジンマネージメントシステムが採用されている。「それにより排気量が可変となりました。スロットルの負荷が高くないときには、気が付かないほど滑らかにV8からV4のモードに切り替わるのです」とこの面においても手を抜いていないことを強調する。

そして、新型V8エンジンの素晴らしいサウンドも魅力のひとつである。「4リットルのニューV8エンジンのエンジン音はベントレー以外のクルマとすぐに聞き分けることが出来るでしょう」。

エクステリアでの特徴は、ブラックのグロスマトリックスグリルやレッドのベントレーバッチ、フロントのロワーグリルなどの差異で区別でき、これらはスポーティで、精悍なイメージを強調しているとピール氏は語った。

日本での価格は未定であるが、デリバリーは2012年の第3四半期、7月以降から随時日本へ導入の予定だ。

ベントレーコンチネンタル GT V8《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタル GT V8《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタル GT V8《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタル GT V8《撮影 内田俊一》 ベントレーコンチネンタル GT V8《撮影 内田俊一》