トヨタ アクアコンセプト ピリリ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

トヨタ自動車が26日に発売予定の新型ハイブリッドカー、『アクア(AQUA)』のラインナップと価格は、G:185万円、S:179万円、L:169万円の3グレードで、「S」が圧倒的な売れ筋だ。

東京都内のディーラーでの説明によると、エントリーレベルの「L」は事実上の社用車。いっぽう上級仕様の「G」はあまり注文がない。これは、オプション込みで乗り出し価格が220万円前後になり、『プリウス』との差が小さいためだという。

外装は10色の設定があるが、予約の段階では人気は“バラバラ”に分かれているそうだ。逆に言えば、「シトラスオレンジマイカメタリック」や「イエロー」などの、“トヨタらしくない”色もそこそこ売れている。

内装色は、売れ筋のSグレードで2種類から選べるが、注文とユーザー像との間に傾向は見られず、個人の好みで選ばれているようだ。

トヨタ アクアコンセプト ピリリ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 トヨタ アクアコンセプト キリリ(東京モーターショー11) 《撮影 雪岡直樹》 トヨタ アクアコンセプト キリリ(東京モーターショー11) 《撮影 雪岡直樹》 トヨタ アクアコンセプト キリリ(東京モーターショー11) 《撮影 雪岡直樹》 関東自動車工業(東京モーターショー11)