東京海上日動火災保険は、来年のロンドンオリンピック開催に合わせ、現地に観戦に行く海外旅行保険加入者のための、事故や病気の際の対応、観光情報などの付帯サービスを拡充すると発表した。

ロンドンオリンピック開催期間の前後1週間、7月20日から8月19日までの間は、専用のフリーダイヤル「海外旅行保険ロンドンサポートデスク」を設置して、24時間、日本人オペレーターが事故などの連絡対応にあたる。

拡充する付帯サービスとしては、病気やけがをした際に自己負担することなく受診できる医療機関を案内するとともに、緊急性が高い場合には駐在スタッフが直接訪問してサポートする。また英国全土の安全情報やロンドン市内の観光情報の提供や、市内のレストラン案内・予約、スポーツバーの案内などが、事故や病気の有無にかかわらず利用できるという。