トヨタ86(東京モーターショー11)

全体相場は3日ぶりに反落。前日の米国市場は方向感がなく、国内にも目立った材料が見当たらない状況。アジア市場が軟化したうえ、3連休控えとあって手仕舞い売りが優勢となった。薄商いの中、平均株価は前日比64円82銭と反落し、再び8400円台を割り込んだ。

自動車株も軟調な動きが目立った。トヨタ自動車が15円安の2496円と反落。日産自動車も6円安の692円と4日ぶりに反落した。

全面安の中、スズキが4円高の1581円と続伸。軟調地合いの中、軽自動車向け低燃費ガソリンエンジンを一部で報じられたことが好感されたもよう。11月の国内生産が4か月連続で前年同月を上回っている。

三菱自動車も1円高の91円と小幅ながら続伸。

ホンダは2325円で変わらず。