日本市場への導入が確定したメルセデスベンツEクラスのガソリンハイブリッド、E400ハイブリッド

メルセデスベンツが2012年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー12で初公開する『Eクラス』のハイブリッド。同車の日本市場への導入が確定した。

これは20日、ダイムラーが明らかにしたもの。Eクラスのハイブリッドには、ガソリンエンジンの「E400ハイブリッド」とディーゼルエンジンの「E350BlueTECハイブリッド」の2種類が設定される。このうち、E400ハイブリッドが、米国市場への投入に続いて、日本や中国でも発売されるとアナウンスされたのだ。

E400ハイブリッドは、すでに日本にも導入されている『Sクラス』のハイブリッド、「S400ハイブリッド」(日本名:「Sクラスハイブリッド」)と基本的に同じシステムを搭載。エンジンは3.5リットルV型6気筒ガソリンで、最大出力306ps、最大トルク37.7kgmを発生。モーターは最大出力27ps、最大トルク25.5kgmだ。エンジン、モーターともに、Sクラス用から強化されるのが特徴である。

アイドリングストップや回生ブレーキ、モーター単独で走行できるEVモードも採用。米国仕様の燃費は、市街地10.2km/リットル、高速13.2km/リットル、複合モードで11.5km/リットル(27マイル/ガロン)と公表されている。

日本市場への導入が確定したメルセデスベンツEクラスのガソリンハイブリッド、E400ハイブリッド 日本市場への導入が確定したメルセデスベンツEクラスのガソリンハイブリッド、E400ハイブリッド 日本市場への導入が確定したメルセデスベンツEクラスのガソリンハイブリッド、E400ハイブリッド 日本市場への導入が確定したメルセデスベンツEクラスのガソリンハイブリッド、E400ハイブリッド 日本市場への導入が確定したメルセデスベンツEクラスのガソリンハイブリッド、E400ハイブリッド 日本市場への導入が確定したメルセデスベンツEクラスのガソリンハイブリッド、E400ハイブリッド