豊田通商は、中国情報通信システム大手である普天信息産業と自動車部品メーカーの重慶長鵬実業と、中国での電気自動車(EV)用充電インフラ運営を含む新エネルギー自動車関連事業の戦略的パートナーシップ構築へ向けて検討することで合意した。

中国普天は、子会社を通じて中国にEV用充電インフラ構築・運営を積極的に展開している。特に2011年8月に深圳で開催された深圳ユニバーシアードでは57か所のEVバス、EVタクシー用の充電ステーションを整備・建設し、既に運用を開始している。

今後深圳以外の中国の複数都市で充電インフラ事業を展開することを計画しており、中国でEV用充電インフラ事業を展開する大手企業の一つとなっている。

豊田通商は2010年に社内の横断的なタスクフォースとしてHEV事業推進室を立ち上げ、次世代自動車関連の事業に注力してきた。中国の新エネルギー自動車関連分野には、大きなビジネスチャンスがあると判断、今回の合意を機に中国での充電インフラ事業、電気自動車用コンポーネント、改造・開発事業など、新エネルギー自動車関連分野での幅広いビジネス展開を目指す。