メルセデスベンツEクラス初の市販ハイブリッド車、E300BlueTECハイブリッド

メルセデスベンツの主力車種、『Eクラス』。同車に初の市販ハイブリッド車が設定され、2012年1月に開催されるデトロイトモーターショー12で初公開される。

これは20日、ダイムラーが発表したもの。Eクラスのハイブリッドには、米国向けのガソリン仕様、「E400ハイブリッド」と、欧州向けのディーゼル仕様、「E300BlueTECハイブリッド」の2種類が用意される。

E400ハイブリッドは、すでに日本市場にも導入されている「S400ハイブリッド」(日本名:「Sクラスハイブリッド」)と同じ3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンにモーターの組み合わせ。E300BlueTECハイブリッドは、2.1リットル直列4気筒ターボディーゼルにモーターを組み合わせる。欧州複合モード燃費は23.8km/リットル、CO2排出量は109g/kmと優秀だ。

Eクラスに市販ハイブリッドが登場したことで、レクサス『GS』、BMW『5シリーズ』、アウディ『A6』と、競合する4モデル全てに、ハイブリッドという選択肢が用意されたことになる。

メルセデスベンツEクラス初の市販ハイブリッド車、E300BlueTECハイブリッド メルセデスベンツEクラス初の市販ハイブリッド車、E300BlueTECハイブリッド