iPadでのルート案内は、右側に交差点名とレーンが表示される。交差点リストをフリックすることで先が確認できる

インクリメントP『MapFan for iPhone』は、iOS向けローカル地図アプリケーション。11月の末にリリースしたVer.1.5では、iPadおよびiPad2に対応した。

iPadの大きな画面でも等倍の解像度で地図が閲覧できるようになっただけではなく、UIもiPadに最適化され、地点検索やナビゲーション時では表示する情報量を増やして使い勝手が向上。

ローカル収録の地図のため、オフラインでも利用できるほか、ナビゲーション利用時は住所や駅名以外の検索スポットについてはサーバにアクセスして利用するため、最新の地点情報が入手できる。

下のTVボタンをタップすると、地図上にテレビで紹介されたスポットがプロットされる MapFan for iPhone Ver.1.5 10インチの大画面は助手席ナビとして大変わかりやすい。 所要時間や距離、概算料金が表示される。水色が高速道、緑色が一般道 一般道ルート 検索メニュー TVスポットの放映ランキング テレビで紹介されたスポットをオンラインで検索。通常の検索メニューの他、下の「TV」アイコンからも利用できる こちらは大きめのサイズ 文字サイズは2段階の調節が可能 ルートは自動車(有料)/自動車(一般道)/自転車・徒歩ルートから選択できる 自転車・徒歩ルートを表示 ルート探索は4つの優先項目が選べる 設定も全画面が切り替わるのではなく、吹き出し状に表示される 案内画面。左下の現在位置ボタンを押すことで、ヘディングアップ、ノースアップ、追従解除が選択できる インクリメントP「MapFan for iPhone Ver.1.5」(iPhone) iPhoneでの縦位置表示 TVスポット検索 地図表示は自動切り替えのほかに、任意で昼モード/夜モードが選択できる iPhoneでのナビ画面 iPhoneでのルート設定画面 ローカル収録の地図のため、オフラインでも利用可能だ 縦位置での表示