「カフェ」で検索

パナソニックが2011年秋モデルとして投入した「Sシリーズ」は、『S300WD』と『S300D』の2機種展開。S300WDについては、トヨタやダイハツ、日産などの幅200mmのワイドコンソールを持つ車種に装着が可能だ。

地図は渋滞データバンク情報と抜け道マップも収録した16GBのSDHCカードで、AV面ではワイドVGA・フルセグ・DVD・さらにSDカードへのリッピングなど充実。さらにBluetoothによるスマートフォン連携を実現させたことがSシリーズの大きな特徴だ。また「フルスクリーンマップ」採用により、画面いっぱいに地図が表示されるので自車位置や地図の視認性にも優れる。

また、スマートフォン連係機能として、パナソニックが提供するAndroid端末向けアプリ「おでかけナビサポート ここいこ」に対応。最新のグルメ・観光メスポット等の検索が可能で、「ぐるなび」「るるぶDATA」「Yahoo! JAPAN」といったポータルサイトのリアルタイムなPOIを検索し、SシリーズへBluetoothで送信し目的地に設定できる。

省燃費ルート探索とエコドライブサポート機能も採用する。5ルート同時探索時に、エコロジー(省燃費)&エコノミー(節約)なルートの探索が選択できる「eco」が追加。渋滞などによるストップ&ゴー低減や有料道路の料金を考慮したルートを推奨するモードだ。

新たに加わった「eco」ルート AV・ナビのアイコンは任意に選ぶことが可能 豊富な再生モードが選べる スマートフォンアプリ「おでかけナビサポート ここいこ」 お気に入りのスポットが見つかったら、ナビへ送信 受信中の画面 ストラーダシリーズでおなじみのツートップメニュー WVGAのクリアパネル。LEDバックライトを採用 幅200mmのワイドコンソールを持つ車種に装着できる Sシリーズのリリースに合わせて提供が始まった提供を開始Android端末向けアプリ「おでかけナビサポート ここいこ」 通常サイズのストラーダ CN-S300D 渋滞データベースを含むなどナビ機能も妥協はない ルート案内(3D表示) 交差点拡大図 表示変更メニュー 「おでかけストラーダ」から春にリニューアルした「おでかけ旅ガイド」。PCサイトからの取り込んだスポットデータの利用などはここから。 音響効果設定。 Hシリーズなどに採用の「ストラーダチューン」採用モデルに匹敵するカスタマイズの幅もSシリーズの特徴だ iPodの再生画面も、ジャケットが表示される イコライザ機能。プリセットの他、7つのバンドからのマニュアル補正も可能だ ecoドライブメニュー。ドライブ診断と燃費計算の2機能からなる ランドマークセレクト。任意の施設ジャンルだけを選んで地図上に表示する機能 ここいこアプリなどの確認や、ナビ情報の確認などはこのメニューから