MapFan for iPhone Ver.1.5

インクリメントPは、iPhone・iPad向けローカル地図アプリケーション『MapFan for iPhone』の最新版となる「Ver.1.5」をApp Storeで公開した。

Ver.1.5の最大のトピックは、iPadおよびiPad2に対応したこと。iPadの大きな画面でも等倍の解像度で地図が閲覧できるようになっただけではなく、UIもiPadに最適化され、地点検索やナビゲーション時では表示する情報量を増やして使い勝手が向上。地図上の文字サイズ変更も可能だ。

2011年8月末の最新全国データ(市街図含む)の地図はすべてローカルに保存されるためオフライン時でも地図の閲覧が可能。検索データについては住所や駅名など以外はオンラインで取得し、サーバ上にあるデータは随時更新されるため、いつでも最新のスポット情報を検索できる。また、ルートについてもサーバからの配信となる。

検索のジャンルは、駅、銀行、ガソリンスタンド、駐車場、コンビニやファミレス、グルメ情報や宿泊施設などの定番に加え、観光スポット、レジャースポット、温泉施設やショッピングモール、道の駅などドライブに役立つジャンルを追加した。テレビで紹介されたスポットを検索できる「テレビ de み〜た」や旬のイベントをピックアップする「特集」コンテンツなども提供する。

ナビゲーションはこれまでと同様に音声によるリアルタイムガイダンスに対応。ルート探索結果情報に所要時間、到着時刻、料金に加え総距離表示を追加した。ルートは、自動車(有料優先)・自動車(一般道優先)・徒歩/自転車の3つから選ぶことができ、ルート案内中の残距離と到着予想時刻表示もおこなう。

販売価格は2300円。すでにアプリを購入・利用中のユーザーは、無償でアップデート可能だ。

文字サイズは2段階の調節が可能 こちらは大きめのサイズ テレビで紹介されたスポットをオンラインで検索。通常の検索メニューの他、下の「TV」アイコンからも利用できる 下のTVボタンをタップすると、地図上にテレビで紹介されたスポットがプロットされる ルートは自動車(有料)/自動車(一般道)/自転車・徒歩ルートから選択できる TVスポットの放映ランキング 検索メニュー 所要時間や距離、概算料金が表示される iPadでのルート案内は、右側に交差点名とレーンが表示される。交差点リストをフリックすることで先が確認できる ルート探索は4つの優先項目が選べる 10インチの大画面は助手席ナビとして大変わかりやすい。