15日午前9時30分ごろ、新潟県新潟市中央区内の市道で、工事現場で交通誘導を行っていた男性警備員がタクシーにはねられる事故が起きた。男性は軽傷。タクシーはそのまま逃走したが、警察は後に62歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

新潟県警・新潟中央署によると、現場は新潟市中央区川岸町2丁目付近で片側1車線の直線区間。63歳の男性警備員は、道路工事現場に出入りする作業車両の誘導を行っていたが、停止指示を無視して進行してきたタクシーにはねられた。

男性は肩や頭を打撲する軽傷を負ったが、タクシーは止まらずに逃走。警察は軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始した。

警察が周辺の捜索を行った結果、ボンネットやバンパーに衝突痕のあるタクシーを発見。運転していた新発田市内に在住する62歳の男を自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

調べに対して男は「事故と言われても覚えていない。車体の傷もよくわからない」などと供述。ひき逃げへの関与を否認しているようだ。