スバル BRZ《撮影 野口岳彦》

スバル『BRZ』のデザインは、基本部分はトヨタが描いた。しかし生産はスバルが担当することから、量産化に際してのリファインをスバルが行って仕上げたという。

ここまではトヨタ『86』も共通だが、その中でスバルらしさを出すべく、エクステリアだけでなくインテリアにもBRZ独自の仕立てが施されている。富士重工業スバル商品企画本部デザイン部の木村弘毅氏が解説してくれた。

「パネルが金属調になっている点がもっとも目立つ部分です。それ以外でも、たとえばメーターは視認性を第一に考えて、『インプレッサ』などと同じ黒地に白文字という配色にしています」

シートの形状もトヨタ86と同じだが、ファブリックの縫い方はシンプルな方式にしてあるという。そしてもっとも驚いたのは、シフトノブについてのエピソードだった。

「形状はトヨタ86と共通なのですが、ノブを包むレザーの縫い方は違います。シフトノブというパーツは、ステッチの入れ方の違いで感触が違ってきますから、触り心地の良さを求めて、独自の方法を取り入れています」

スバルは国産車の中ではMT比率が高いブランドとして知られている。その経験が、シフトノブの縫い方にもこだわるという考えに結び付いたのだろう。走りを大切にするというスバルらしさは、このインテリアにも込められているのである。

スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 東京モーターショーでトヨタ紡織ブースに展示されたトヨタ『86』/スバル『BRZ』用の運転席シート。《撮影 石田真一》 トヨタ 86 用のシート《撮影 石田真一》 スバル BRZ 用のシート《撮影 石田真一》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》