イメージ

15日午前3時35分ごろ、大阪府門真市内の府道で、路肩を走行していた自転車にバイクが追突。自転車に乗っていた16歳の男性は路上に投げ出され、後続のトラックにはねられて死亡した。警察はバイクとトラックの運転者を逮捕している。

大阪府警・門真署によると、現場は門真市稗島付近で片側2車線の直線区間。自転車は道路左側の路肩を走行していたが、後ろから進行してきたバイクが追突。自転車は転倒し、乗っていた16歳の男性が路上へ投げ出されたところ、直後に進行してきたトラックにはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。警察はバイクを運転していた守口市内に在住する32歳の男を自動車運転過失傷害の容疑で逮捕。トラックは逃走したが、警察は後に大阪市西成区に在住する63歳の男を自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

トラックを運転していた男は調べに対して「人をはねたとは思わなかった」などと供述しているようだ。