15日午前8時ごろ、千葉県習志野市内の市道で、小学校前の横断歩道を渡っていた登校中の児童に対し、信号を無視して進行してきた乗用車が突っ込む事故が起きた。この事故で児童2人が軽傷。警察はクルマを運転していた72歳の男を逮捕している。

千葉県警・習志野署によると、習志野市谷津5丁目付近で片側1車線の直線区間。信号機と横断歩道が設置されている。9歳の女児は、他の児童6人と一緒に青信号に従って横断歩道を渡っていたが、赤信号を無視して進行してきた乗用車と衝突。弾き飛ばされた女児は、近くにいた8歳の女児とも接触した。

この事故で女児2人が打撲などの軽傷。警察はクルマを運転していた同市内に在住する72歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「信号の存在に気がつかなかった」などと供述しているようだ。現場は小学校前の横断歩道で、朝は交通誘導のボランティアもいるが、以前にも似たような事故が発生しているという。