ポルシェモービル1スーパーカップ

ポルシェAGは、国際若手ドライバー育成プログラムを実施すると発表した。

2012年シーズン以降、2人の若手ドライバーを選抜し、1年目にポルシェ・ジュニアとしてカレラカップ・ドイツの出場をサポートする。同社はこのために多額のシーズン予算を準備する予定で、対象となる若手ドライバーはチームを選ぶことができる。

ジュニアコーチがレース以外にもサーキットでのトレーニングを指導する。この新しい若手ドライバー育成プログラムは4年間継続する予定。

また、実力が十分なレベルに達したと判断された場合、ポルシェジュニアのドライバーは、2年目からF1のサポートレースとして開催される世界最速国際ワンメイクレースのポルシェモービル1スーパーカップに出場できる。

資金面でのサポートに加え、ポルシェのワークスドライバー同様のサポートが提供される。適用されるトレーニングプランの適性テストが常時行われ、メディアトレーニングやスポンサーへの協力義務もプログラムの一環として組み込まれる。

ポルシェカレラカップ