スバル BRZ《撮影 野口岳彦》

スバル『BRZ』とトヨタ『86』が基本設計を共有していることはよく知られている。しかし袖ヶ浦フォレストレースウェイでBRZに対面すると、86とはやや雰囲気が異なる。この点について、富士重工業スバル商品企画本部デザイン部の木村弘毅氏は次のように語った。

「スバル専用とする部分は最初から決まっていました。フロントマスクは、スバル独自のヘキサゴングリルを収めた専用バンパーを採用し、ヘッドランプはアウターレンズを共用としつつ、ウインカーを内部に収め、スモールランプは矩形に光るように変えました。内側を少しバンパーで隠すことで、ランプを短く見せていることも特徴です」

BRZを最初に見たとき、グリルだけでなく目つきもトヨタ86と違うと感じた理由は、ヘッドランプの長さまで詰めるという、こだわりのデザインのおかげだったのである。

「もうひとつ、フロントフェンダーのドア側、ミラーの根元に位置する横長のパネルの造形も、トヨタ86とは変えています。スバルのデザインはシンプルさをポリシーとしているので、ルーバー風に仕立てました」

スポーツカーらしい躍動感を強調したトヨタ86に対し、スバルBRZからは、精悍だけど落ち着いているという、他のスバル車に通じる個性が感じられる。制約が多い中でブランドイメージをうまく表現したデザイナーの力量は評価されるべきだろう。

スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 スバル BRZ《撮影 野口岳彦》 トヨタ86/スバルBRZ《撮影 豊崎淳》 トヨタ86/スバルBRZ《撮影 豊崎淳》 スバルBRZ/トヨタ86《撮影 豊崎淳》