トヨタ(広州モーターショー11)

トヨタ自動車は、中国第一汽車集団との生産合弁会社である四川一汽トヨタ自動車(SFTM)の長春工場で12月19日、3代目『プリウス』の生産を開始したと発表した。

3代目プリウスの中国での販売開始は2012年初の予定。長春工場の既存の工場では、『ランドクルーザー』とプリウスを生産しており、生産能力は年間1万台。SFTMは2012年前半から『カローラ』を生産する新工場を建設中だ。

中国では、2005年に海外としては初となるプリウスの現地生産を開始した。2010年4月からは広汽トヨタ自動車で『カムリハイブリッド』の現地生産も行っている。

トヨタは中国でハイブリッド技術の現地化を目指しており、今年10月には、江蘇省常熟市で行われたトヨタ自動車研究開発センター中国(TMEC)の定礎式で豊田社長は「TMECに中国産ハイブリッドの開発部隊を設置し、2015年前後を目処に、ハイブリッドコンポーネントの現地化を計画している」と述べている。