東京オートサロン12、NITTOブース(左上)とTOYOブース(イメージ)。

東洋ゴム工業は、国内販売子会社のトーヨータイヤジャパンとニットージャパンが2012年1月13日から15日までの3日間、幕張メッセで開催される、「東京オートサロン2012」にTOYO TIRESとNITTOのブースを出展する。

ミニバン専用タイヤの「トランパス」やハイパフォーマンスタイヤ「プロクセス」を訴求するTOYOと、「クール」「スポーティ」をコンセプトにするNITTOの2つのブランドを訴求する。

TOYO TIRESブースでは指向性スピーカーを展示タイヤの横に設置し、メッセージとサウンドによって来場者にタイヤの持つ世界観をアピールする。タイヤ商品情報は、実際に操作出来る飛び出す映像カタログを駆使した説明を行う。

また、タイヤが出来るまでの工程をわかりやすく説明したディスプレイを設置するほか、Twitterでフォローすれば賞品があたる懸賞企画キャンペーン用Twitterアカウントを開設した。2012年1月15日まで。

NITTOブースでは、4ドアグラントゥーリズモ、ポルシェ『パナメーラ』と、「ストリートスタイル」を基本コンセプトとしつつ、カスタマイズを施したアウディ『A5』にそれぞれNITTOのフラッグシップタイヤ「INVO」(インヴォ)を装着・展示する。

今回のブースでは電力環境の厳しい現状に配慮し、TOYO TIRESブースでは従来使用量比で約20%、NITTOブースでは最大約60%電力使用を節減したブース設計とする。