スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》

スズキ『スイフトスポーツ』新型は、クラストップのハイパフォーマンスを秘めたモデルである。そのパフォーマンスを表現するための、デザインの大きな特徴として、グリルがある。

「ここから空気を吸うんだということをアピールして、性能の高さを感じさせるようなデザインモチーフを狙いました」と話すのは四輪技術本部第2カーラインチーフデザイナーの松島久記さん。

「これは、アッパーグリルとロワーグリルをひとつのモーションで見せるという手法で、実は先代のスイフトスポーツでも使われていました。これをより顕著に、わかりやすく表現するために、今回は一色で上下のグリルをつなげたのです」

また、このスイフトスポーツはスイフトシリーズの最上級グレードであるという側面もある。そこで、スイフトスポーツ専用にデザインした部分の、全てのカーブをエレガントなラインでまとめるたという。例えば、「フォグランプベゼル周りのラインや、スポイラー周りのライン、サイドスカートなど、最終的には流麗な感じでまとまるようにしているのです」。

スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》