日本初公開となったアストンマーチンV12ザガート(17日・アストンマーチン大阪八光)《撮影 宮崎壮人》

アストンマーチンは17日、大阪市浪速区にオープンした「アストンマーチン大阪八光」の記念イベントの中で、高級スポーツカー『V12ザガート』を日本で初公開した。イタリアのカロッツェリア「ザガート」とのコラボレーションにより生まれた限定モデルで、価格は約4000万円。

V12ザガートの公開は今回のイベントのサプライズ。招待客たちがプレゼンテーションに注目する中、突如V12エンジンの咆哮がショールームに響き渡った。アンベールとなった車内から登場したのは、アストンマーチンのレーシングドライバー・桂伸一氏だ。レーシングモディファイが施されたV12ザガートの登場に、会場は大いに盛り上がった。

V12ザガートは、『V12ヴァンテージ』の6リットルV12エンジンを搭載。最高出力517ps、最大トルク58.1kgmと圧倒的なパワーを発揮する。正式なリリースを前にニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦するなど、スポーツカーの範疇を越えたいわばロードゴーイング・レーシングカーとしての成り立ちを持つ特別なモデルだ。

エクステリアは、V12ヴァンテージをベースとしながらも、レーシングカーならではのオリジナルデザインが施されている。フロントマスクは一目でアストンマーチンとわかるデザインとしながら、フロントタイヤ後部に大きく空いたエアアウトレット、低くコンパクトにまとめられたコックピット、大きく張り出したリアフェンダーは他モデルとは一線を画す攻撃的なスタイルを実現した。また、リアセクションはこれまでのアストンマーチンとは大きく異なる意匠となっており、ザガートならではの個性的なスタイルを作り上げている。

この日、ショールームで公開されたV12ザガートは、レースに参戦した車両そのもの。そのため、インテリアはサーキット仕様となっており、シート、ダッシュボードなどは必要最低限の装備となっていた。市販仕様は2シーターで、6方向調整可能シートや自動温度コントロール、プレミアムオーディオシステムなど快適装備も採用。高級感ある仕上がりとすると同時に、随所に散りばめられたザガートエンブレム“Z”の文字が独創的でレーシーな雰囲気を醸し出す。

アストンマーチンのアジア地区担当ディレクター、マシュー・ベネット氏は「V12ザガートは、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ(イタリアで開催される世界的な自動車デザインコンクール)で受賞するなど、今アストンマーチンの中でも最もエクスクルーシブなクルマです。名車と言われる『DB4 GTザガート』とともに、歴史にその名を刻むモデルとなるでしょう」と語った。

V12ザガートは世界で150台の限定生産。ポンド販売のため価格は33万ポンド(約4000万円)からと発表されている。アストンマーチンの中でも、フラッグシップ『One-77』に次ぐ高級モデルとなる。

アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アンベールとなったV12ザガートから、レーシングドライバー桂伸一氏が登場《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン V12ザガート《撮影 宮崎壮人》 レーシングドライバー桂伸一氏(左)とアストンマーチン寺嶋正一オペレーション・マネージャー(右)によるトークセッション《撮影 宮崎壮人》 レーシングドライバー桂伸一氏(左)とアストンマーチン寺嶋正一オペレーション・マネージャー(右)によるトークセッション《撮影 宮崎壮人》 レーシングドライバー桂伸一氏《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン マシュー・ベネット氏《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン大阪八光《撮影 宮崎壮人》 アストンマーチン大阪八光《撮影 宮崎壮人》