スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》

スズキは先代から引き続き『スイフト』にスポーティモデルである『スイフトスポーツ』を追加した。スズキが目指すスポーティとは、また、スイフトが目指すスポーティはどういうものか。開発陣は常に開発しながら考えたという。

四輪技術本部第2カーラインチーフデザイナーの松島久記さんは、スポーツの方向性は色々あるが、と前置きしたうえで、「チーフエンジニアのフィロソフィとして、新型スイフトスポーツの開発意図は、クルマとしての完成度を非常に高くすることと、上質な大人のスポーツにしたいということが最初からありました。その全体方針にデザインも従いました」という。

「デザイン的に後付け感を強調することで、カスタマイズされパワーアップしたような見せ方もあります。しかし、そういうスパルタンでレーシーでメカニカルなデザインというよりは、ひとつのクルマの完成形として見られる、完成度の高いまとめ方を考えたのです」

「このクルマ自体がひとつのブランドとして見てもらえるような、そういった無理のないまとめ方を目指しました」。しかし、派生車種のため、デザインの制約が非常に多く、ひとつのクルマの完成形として見られるようにするのは苦心したともいう。

スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 今回新たに追加された6速マニュアル《撮影 内田俊一》 パドルシフト付7速CVTは12年1月27日より発売開始《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》