13日午後2時10分ごろ、福岡県福岡市城南区内の福岡都市高速道路5号線下りで、トンネル内にシカが侵入し、走行中のトラックにはねられる事故が起きた。トラックは小破。シカは死んだが、トラックの運転者にケガはなかった。

福岡県警・高速隊によると、現場は福岡市城南区西片江1丁目付近で片側2車線。全長約760mのトンネル内をトラックが走行していたところ、前方を走っていたシカをはねた。

トラックは右前部が小破。運転していた博多区内に在住する40歳の男性にケガはなかったが、シカは全身を強打したことが原因で死んだ。

事故の起きる約1時間30分前には、現場から南東に約6km離れた那珂川町内でシカが目撃されているが、その後の目撃情報によるとシカは徐々に北上し、都市高速には現場から東に約1km離れた堤ランプから侵入したものとみられている。現場近くには山があるものの、堤ランプ周辺は住宅地であり、シカが棲息するような場所ではないという。

警察では目撃されたシカが事故に関係したものとみている。九州自動車道などではシカとの接触事故例もあるが、都市高速で起きるのは非常に珍しいとしている。