スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》

スズキは『スイフト』にスポーティグレードとなる『スイフトスポーツ』を追加し、発売を開始した。

ベースとなるスイフトのデザインは、“もっとスイフトになる”という目標のもとに開発が行われた。「旧型のスイフトの印象、イメージのみを抽出して、それをよりわかりやすい形で表現しようと、再構築した」と当時を振り返るのは四輪技術本部第2カーラインチーフデザイナーの松島久記さん。

そして、スイフトスポーツをデザインするにあたり、松島さんが最初に考えたのは、「スペックを聞いた時点でこのクルマが凄く良いものになるという確信があったので、この素晴らしいクルマの性能を何とかデザインで表現して、ユーザーに伝えたい」ということだった。

それは、「ハイパフォーマンスのエンジンと、標準車をしのぐハンドリング性能、6速MTが搭載されるという、今の時代これ以上ないスポーティなハッチバックが出来る」ということである。「そういったワクワクする感じをデザインで表現しようと思ったのです」。

スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》 スイフトスポーツ《撮影 内田俊一》