アクサ損害保険は16日、自動車保険契約者の事故対応などを行う損害サービス拠点を名古屋市に開設したと発表した。

アクサはこれまで関東圏を中心に損害サービス拠点の拡大を進めてきたが、保有契約者数の増加に伴って、中部地区での事故発生件数が増えていることから、同地区初の拠点を名古屋に設けたとしている。

名古屋での開設により、アクサの損害サービス拠点は東京、神奈川、大阪、福井、高知、福岡の7都府県に展開することになる。