ガリバー基準値:0.3マイクロシーベルト毎時(μSv/h)について

ガリバーインターナショナルは、約420全店に放射線測定器を配備し、販売車両の放射線検査を12月21日から実施すると発表した。

同社の販売する中古車の放射線量を測定し、同社が設定した放射線量基準値0.3マイクロシーベルト毎時を超える車両は販売しない。

政府は中古車に関しては放射線検査に関する方針を示していない。同社は、中古車業界大手として自主検査を実施、独自に定めた基準値を超える車両は販売しないことにした。

福島第一原発事故周辺の中古車で、ボンネットなどに放射線量が高い数値のものが「福島」ナンバーを取り替えて一般の中古車市場に流通していることが問題になっている。

同社は販売する中古車の放射線量を測定して安心して購入してもらう。