日産、北京市で交通量を分散する実証実験---PNDを使って

日産自動車は、北京市交通委員会と来年1月末から北京市望京地区で、IT端末を使用した動的経路誘導による交通分散効果の検証を目的とした大規模な実証実験を開始すると発表した。

実験は、独立行政法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、中国の国家発展改革委員会、北京市発展改革委員会との間で2011年1月に交わされた新交通情報システム技術実証事業に関するMOUに基づく。

実証実験システムでは、北京市望京地区在住者の応募者約1万2000人に、後付型のPNDを配布し、約8カ月間、日常の車使用時の動的経路誘導とエコ運転支援を行う。この結果、被験者の移動時間の短縮や消費燃料の軽減の効果を検証する。

これまでのシミュレーションによってPNDが10%普及すれば、明らかな交通分散効果が期待できるとの結果を得ており、今回、実際に望京地区で大規模な実証実験を行うことで交通分散効果を実測し、シミュレーションの精度を検証する。PNDを使用し交通分散効果を測る大規模な実証実験は世界でも初めての試みとなる。

さらに動的経路誘導とエコ運転支援の1人あたりの省エネルギー、CO2削減効果を測るため、北京市全域の日産車ユーザーを対象に約600人の参加者を募り、車両に詳細な走行データを記録する機器を搭載しモニタリングする調査も実施する。

これらの実証実験結果は、北京市政府のプロジェクト専用ウェブサイトで定期的に公開されるとともに、市政府による優良エコ運転者の表彰なども行われる。同社ではこうしたソフト面での取り組みを加え、動的経路誘導とエコ運転支援の普及・拡大を図ることで、北京市内の交通渋滞改善やCO2削減に貢献していく。