新型ホンダCR-V

北米カーオブザイヤー主催団体は15日、「2012北米トラックオブザイヤー」のファイナリスト3台のリストを公表した。

北米トラックオブザイヤーは、今年で19回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、北米でデビュー(マイナーチェンジや新グレード投入も含む)、またはデビュー予定のライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)の中からベストな1台を選ぶ。

2012北米トラックオブザイヤーの最終選考3台は、以下の通り。

●BMW X3
●ホンダCR-V
●レンジローバー・イヴォーク

2011年10月の最初のノミネート7台から、新型メルセデスベンツ『Mクラス』やMINI『カントリーマン』(日本名:クロスオーバー)がリスト落ち。また日本でおなじみのミニバン、日産『エルグランド』の北米版、『クエスト』も最終選考に進めなかった。GMがサーブに対して「中国企業に買収されるなら、技術ライセンスを供与しない」と明言しているSUV、サーブ『9-4X』も脱落。

2012北米トラックオブザイヤーは、2012年1月のデトロイトモーターショー12で決定。BMW『X3』、ホンダ『CR-V』、レンジローバー『イヴォーク』と、強豪が顔を揃えた。

BMW X3 ランドローバー・レンジローバー・イヴォーク