パーク24が発表した2011年10月期の連結決算によると営業利益は前年同期比3.5%増の132億9200万円と増益となった。

売上高は同9.6%増の1240億8000万円となった。駐車場事業は、震災による交通量の減少の影響があったものの、タイムズの管理運営台数が同13.7%増の35万7129台と増加したこともあって増収となった。モビリティ事業もレンタカー、カーシェアリングが順調で増収となった。

収益はカーシェアリングの先行投資の影響があったものの、増収の効果で経常利益は同7.0%増の127億1100万円と増益だった。当期純利益は同0.9%増の65億4600万円となった。

今期の業績見通しは売上高が同12.0%増の1390億円、営業利益が同24.1%増の165億円、経常利益も同25.9%増の160億円、最終利益が同37.5%増の90億円となる見通し。