トヨタホーム、ルーバーの中に蓄電池とエコキュートを設置

トヨタホームは15日、EV用充電器などのスマートハウスアイテムを導入した都市型住宅「エスパシオシリーズ」を、2012年1月2日から発売すると発表した。

今回、都市型住宅「エスパシオシリーズ」に、ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)、蓄電池、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)充電器、や非常時給電システムといったスマートハウスアイテムを導入した。

エスパシオシリーズへのスマートハウスアイテム搭載は、11月に発売したスマートハウス専用住宅「シンセ・アスイエ」に続く第2弾で、都市部の顧客ニーズに対応する。

都市部でスマートハウス機器を設置する場合、蓄電池やエコキュート、EV・PHV充電設備、防災非常用品のストックのスペース設置で工夫が必要となり、独自のプランニング提案をする。

トヨタホーム スマートハウスアイテム導入した都市型住宅