VICSの渋滞情報はこのように図形で表示できる。高速道路や幹線道路の渋滞情報は通常の地図よりこの図のほうが見やすい。

『nuvi 2582V』はワンセグとVICSを搭載したコンパクトPNDだ。GARMINがこの秋に発売した6機種のうち上から2番目に位置するモデルとなる。しかし、単にトップモデルから機能を削っただけの2番手モデルではない。

トップモデルの『nuvi 3770V』はスタイリッシュな超薄型ボディが最大の特徴となる未来的なモデルだが、ここで紹介するnuvi 2852Vは従来のGARMINのテイストを踏襲するベーシックなボディ。そのため価格はよりリーズナブルになっているのだが、ここで注目すべきは、nuvi3770Vにはないワンセグ受信機能が、nuvi 2852Vにはあるということだ。

つまり、スタイリッシュで高品位なnuvi 3770Vとワンセグ対応のnuvi 2852Vというキャ付けがなされており、両モデルは上下に位置するというよりは双璧、ツートップといえる。

では、まずアウトラインから確認していこう。ディスプレイサイズは5インチのWQVGA、重量190g、メモリ容量は8GB。シンプル、コンパクトを信条とするGARMINのラインアップの中で5インチは大きい方だが、日本のPNDのマーケットの中ではやはりコンパクトな部類に入るだろう。バッテリー駆動時間は約2時間となっている。

機能面では、交差点名読み上げの音声案内、スマートインターチェンジ対応、みちびき補完信号受信に対応したGPSエンジンなど、最新のGARMIN PNDに共通の新機能を搭載している。それに加えてVICS対応、ワンセグ受信機能、携帯電話を接続できるBluetoothも搭載しており、ハンズフリー通話が可能となっている。ただし、従来モデルに搭載されていたインターネット検索機能はこの秋発表された6モデルすべてで外された。

外観は相変わらずシンプル。ディスプレイ周辺がガンメタ塗装、それ以外が黒い樹脂で覆われたボディはその伝統に従い、スイッチがひとつしか無い。一言で言えばGARMINらしい外観だ。GARMINらしさとは、高級そうに見える演出をしない、機能性を重視する、デザインされていることを感じさせないデザイン、といったテイストといえるだろう。

GARMIN nuvi 2582V《撮影 山田正昭》 本体サイズは137×83×15mmで5インチディスプレイモデルとしては極めてコンパクトだ。ディスプレイ解像度は480×272のWQVGA。《撮影 山田正昭》 裏面にはスピーカーと外部GPSアンテナの端子がある。USB端子が従来モデルの裏面から下部に移り、ケーブルを繋いだ状態で机に置けるようになった。《撮影 山田正昭》 本体左側にMicroSDカードスロットを備える。欧米の地図データがMicroSDカードで発売されており、そのカードをここに挿すことで海外でも使用することができる。《撮影 山田正昭》 下部にはUSB端子とクレードルに接続する端子がある。《撮影 山田正昭》 ワンセグ搭載なのでこのようなロッドアンテナも内蔵している。アンテナはあまり長くないが受信感度は非常に高い。《撮影 山田正昭》 車載用のクレードルは大きく進歩した。従来は単に本体を固定するだけのものだったが、新型は電源ケーブルを接続できるようになったのだ。このおかげで本体の脱着たびにケーブルを抜き差しする必要がなくなった。《撮影 山田正昭》 クレードル横にも端子があり、別売のケーブルを使って市販のバックカメラを接続することができる。また、従来のクレードルは素材の弾性のみで本体を支えたが、このクレードルは可動式の爪で固定し、リリースボタンも新設された。《撮影 山田正昭》 GARMINならではのシンプルで見やすい地図画面。曲がる方向が白い矢印で表示される。左上の転換方法アイコンにレーン情報が表示されていることに注目。 インターチェンジや大きな交差点はイラストで表示される。また、コンビニやガソリンスタンドは系列がわかるブランドアイコンになった。 目的地検索などで使う日本語入力画面は、入力できない文字がグレーアウトされる仕様となった。また、名前検索でも都市名での絞り込みができる。 車アイコンをタップするとこのように現在地の緯度経度、近くの交差点が表示される。下のボタンをタップして周辺検索をすることができ、これが非常に便利だ。 トリップ情報ページヘの切り替えも可能。2つのトリップメーターや高度計があるのでかなり実用的に使える。 ワンセグ受信画面。この状態でも音声ガイドは続行される。また、左上のボタンをタップすると地図画面に切り替わる。 ワンセグ画面から地図画面に切り替えると左端にテレビのアイコンが表示され、これをタップすればすぐにテレビに戻れる。なお、この画面の道路にはVICSによる渋滞情報が赤いラインで表示されている。 高速道路の広域情報としてこのような表示方法も可能だ。 GPSの受信状態を示す画面があるが、みちびきに関するデータは特に無いようだ。この画面では誤差6メートルだが、準天頂衛星が本格稼働するとこの誤差が数センチになるという。 オービスデータのセットアップはダウンロードしたファイルを本機の所定のフォルダにコピーするだけ。オービスに近づくと赤い警告表示と共に電子音で警告してくれる。 電話帳の内容も同期されるので、本機から電話帳を開いて電話をかけることも簡単にできる。 エコルート機能の走行中の画面表示。ほかに燃費記録などを閲覧できる画面もある。 Googleマップでいきたい場所を見つけたらクリックして「その他」-「送信」をクリック。 続いてナビメーカーを選んで「送信」をクリックすると本機のお気に入りにこの場所のデータを転送できる。 電話がかかってくるとダイアログが表示され、応答すると通話中はこのような画面になる。キーパッドの使用、ハンズフリーをやめて携帯電話での通話への切り替えも簡単にできる。 軌跡データをGoogleアース上に表示。気ままに走ったドライブのコースを後で確認する、といった使い方もできる。