川崎重工業は、マレーシアにガスタービンのオーバーホール工場を新設すると発表した。

同社は1999年にアジア地域のユーザーに対するガスタービン発電設備の販売・サービス拠点としてカワサキ・ガスタービン・アジア(KGA)をマレーシアに新設し、顧客対応を実施してきた。今回、経済発展によりガスタービン・コージェネレーション設備に対する需要が増大しているアジア地域で、アフターサービス体制を強化するため、オーバーホール工場を新設する。

工場は、マレーシアのクアラルンプール近郊に、敷地面積5180平方メートル、建屋面積1270平方メートルの工場を建設する。アジア地域で主力機種である6〜8MWクラスのガスタービンの分解・点検・部品修理と交換・組立・運転試験の一貫作業を行う。オーバーホール能力は年間24台を見込む。

KGAでは現在、設備を設置した状態での点検作業・部品交換などのメンテナンスは実施しているが、ガスタービンを取り外して行う分解・修理・運転試験などのオーバーホール作業は、同社の明石工場まで輸送して行っていた。オーバーホール工場の新設により、全てのアフターサービス業務をKGAが現地で実施することが可能となり、ユーザーにきめ細かいサービスを提供していくことでガスタービン発電設備事業の拡大を図る。

現在、工場の設計に着手しており、2012年初めから着工し、2012年11月から運用を開始する予定。