トライアンフ・デイトナ675

トライアンフジャパンは13日、オートバイ『デイトナ675』など2車種のメインワイヤーハーネスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2010年9月1日〜2011年7月22日に製作された180台。デイトナ675と「デイトナ675R」の2車種。

対象車種には、日本仕様では使用していない燃料蒸発ガスパージバルブ用の配線があり、これが車体に固定されていない。そのため、配線などが排気管に接触して被覆が溶けショートして、エンジン管理システムのヒューズが切れることにより、エンストするおそれがある。

全車両、配線を結束バンドで車体に固定する。

不具合発生件数は1件で、本国メーカーからの情報でわかった。事故は起きていない。

トライアンフ・デイトナ675 トライアンフ・デイトナ675R トライアンフ・デイトナ675R トライアンフ・デイトナ675R 改善箇所説明図