就職・転職情報サービスを行う日経HRは、都内の主要な大学・大学院に通う2013年3月卒業予定者を対象に「就職活動に関するアンケート」を実施した。

アンケートは11月18〜28日にかけてインターネットで実施し、529人から回答を得た。

調査結果によると「行きたい業界」の1位は昨年に続いて「商社」で支持率は28.5%だった。約3人に1人が志望業界に商社を挙げた。2位は「食品」で27.8%、3位が「銀行」で21.4%だった。「自動車・自動車部品」は3.2%で30位で、前回よりも0.9ポイント悪化した。

また、福島第一原発事故の影響から「電力・ガス」は4.0ポイント減少して3.6%に低下し28位だった。

一方、行きたくない業界では「フードサービス」が17.8%でトップとなった。

エントリー時の重視点では「業務内容」が最も多く、「将来性」、「福利厚生」が続いた。「業務内容や知名度にこだわる余裕はない」という学生の心情を反映し「福利厚生」が昨年よりも急上昇した。失業率や年金制度問題などの社会不安を反映した模様だ。

就職活動で不安に思うことを聞いたところ、「面接」「エントリーシート」「業界知識」の順だった。中でも、「面接」と「エントリーシート」に不安を感じている学生は、全体の7割を超えた。

今後の進路や就職活動について保護者と相談したか、または、今後相談をする予定があると回答した学生は7割で、状況に応じて相談したいと回答した学生は約2割だった。