ダッジ・バイパーSRT10(2010年型)

クライスラーグループが、現在開発中の次期ダッジ『バイパー』。そのネーミングが、若干変更されることが判明した。

これは13日、クライスラーグループが発表したもの。次期バイパーの車名からは、「ダッジ」が外れ、新たに『SRTバイパー』としてデビューすることが告げられたのだ。

SRTとは、「ストリート&レーシング・テクノロジー」の略。クライスラーグループが、モータースポーツのノウハウを導入して開発した高性能車シリーズだ。すでに、クライスラー『300C』、ダッジ『チャレンジャー』、ジープ『グランドチェロキー』などに、高性能モデルの「SRT8」が用意されている。

このSRTバイパー、2012年4月に米国で開催されるニューヨークモーターショー12でのデビューが有力。現行の8.4リットルから8.7リットルへ排気量を拡大したV型10気筒ガソリンエンジンが搭載されると見られている。

現行型のボディをベースにしたプロトタイプで雪上テスト中の次期バイパー