リチウムエナジージャパン、栗東工場第二期工事完成予想図

リチウムエナジージャパンは13日、車載用リチウムイオン電池を生産する滋賀県の栗東工場、第二期工事を12月15日に着工すると発表した。新工場は2013年春に生産開始予定。これにより同社の年間の最大生産能力は、EV換算で15万台分の生産体制となる。

新工場は、敷地面積は4万6000平方メートル、年間の最大生産能力は約1.2GWhで、三菱『i-MiEV』7.5万台分に相当する。同工場で生産したリチウムイオン電池は、国内外の自動車メーカーが発売を計画している電気自動車やプラグインハイブリッド車などに対し、供給していく予定。

リチウムエナジージャパンでは、2009年6月に草津工場において、世界で初めて車載用リチウムイオン電池の量産を開始し、京都工場では2010年12月から量産。さらに、2012年4月から栗東工場第一期完成工場において量産出荷を予定している。

これにより同社は、草津、京都、栗東第一期、栗東第二期を合計した年間の最大生産能力が、電気自動車用リチウムイオン電池に換算して約15万台分になる。