日立ソリューションズ、スマートe・イートラサス CRM/SFAデータ連携サービス

日立ソリューションズは13日、商用車向けサービスとして、スマートデバイスなど車載端末の地図上に詳細な顧客情報などを表示する、「スマートe・イートラサス CRM/SFAデータ連携サービス」の提供を2012年2月1日から開始すると発表した。

同サービスは、同社の商用車向けのクラウド型動態管理サービス「スマート・イートラサス」と、米国セールスフォース・ドットコム社の顧客管理ツール「セールスフォース セールスクラウド」を連携させたもの。

新サービスでは、セールスクラウドで管理する顧客情報などを、ドライバーの車載端末となるスマートデバイスに地点情報としてインポート。地点をタップするだけで、訪問履歴、納入情報、クレームの有無などの情報を表示することができる。

同サービスを利用することで、ドライバーは、現在地から一番近い取引先への訪問や、緊急時の対応などを行うことが可能となり、業務効率や顧客満足度の向上が図られるとしている。