三菱重工、タイ向け出力160万kWガス焚きGTCC 建設予定地

三菱重工業は13日、Jパワーのタイ現地事業会社であるガルフJP NS社から、同社が手掛ける出力160万kW(80万kW×2系列)のノンセン・ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電所建設プロジェクトをフルターンキー契約で受注したと発表した。

今回の案件は、経済成長に伴い増加し続けるタイの電力需要に対応するための大型プロジェクトで、運転開始は2014年6月と同12月の予定。

ノンセンGTCC発電所は、ガルフJP NS社がタイの電源開発計画に基づき、サラブリ県ノンセン郡に建設・操業するもので、運転開始後はタイ国電力公社との間で25年にわたり電力を供給する長期電力販売契約を締結している。

今回納入するGTCC発電設備は、M701F4形ガスタービン4基、蒸気タービン2基、発電機6基などで構成。このうち、ガスタービンは同社高砂製作所、蒸気タービンは同長崎造船所がそれぞれ手掛け、発電機は三菱電機が供給する。

GTCC発電は、ガスタービンでの発電に加え、その高温排ガスを利用して蒸気タービンでも発電ができる高効率発電システム。化石燃料の有効利用と環境負荷低減の両面から、世界的に需要が高まっている。