東風日産乗用車公司・任勇副総経理≪撮影 小松哲也≫

東風日産乗用車公司の任勇副総経理は12日、中国・広州市で日本の報道陣と会見し、自主ブランド・ヴェヌーシアについて「あくまでもマーケットニーズに応えるために出す車で、それに応えることは可能と思っている」との考えを示した。

東風日産は中国独自のブランドとなるヴェヌーシアの最初のモデル『D50』を2012年前半に投入し、2015年までに5車種まで拡大し、250店舗体制で年間30万台の販売を計画している。

任勇副総経理は「今までの自主ブランドの場合、安全性とか耐久性、品質面を犠牲にしているところがあり、それでは十分に消費者の期待に応えることはできない」とした上で、「東風日産は7年にわたって積み重ねてきたものがあり、消費者のニーズに応えることは可能と思っている」と強調した。

またヴェヌーシアがターゲットとする層については「200万〜300万台の需要がある」との見通しを示した。

ヴェヌーシア「D50」≪撮影 小松哲也≫