東風日産乗用車公司・任勇副総経理《撮影 小松哲也》

日産自動車の中国乗用車メーカーである東風日産の任勇副総経理は12日、広州市の本社で日本の報道陣と会見し、自主ブランドによる電気自動車(EV)が2012年初めに政府の製造許可を得られるとの見通しを示した。

東風日産は12年前半に立ち上げる自主ブランド「ヴェヌーシア」事業の一環として、遅くとも15年までに同ブランドによるEVを中国市場に投入する計画だ。

同EVの発売時期は未定だが、製造認可が得られれば、比較的早い段階での立ち上げも可能となる。任副総経理は、投入時期や生産規模について「政府の普及策による補助などの詳細を見た上で、計画を出していきたい」と語った。

また、任氏は次世代環境車について、「日産は(世界を)リードする立場にある。東風日産は、日産の技術ノウハウと当社の経営資源を生かしながら、中国での普及に貢献したい」と述べた。

東風日産・ヴェヌーシア「D50」《撮影 小松哲也》