イメージ

8日午前2時50分ごろ、京都府京都市伏見区内の府道で、バイクとワゴン車が接触。バランスを崩したバイクが電柱に衝突する事故が起きた。この事故で45歳の男性が死亡。クルマはそのまま逃走しており、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

京都府警・伏見署によると、現場は京都市伏見区深草直違橋南1丁目付近で、幅員約4mの直線区間。クルマは一方通行となっている。同区内に在住する45歳の男性が運転するバイクは路肩近くを走行していたが、対向してきたワゴン車のサイドミラーに接触。バランスを崩した状態で電柱に突っ込んだ。

バイクは転倒。運転していた男性は頭部を強打し、収容先の病院で死亡。ワゴン車の後続車は事故に気づいて停車したが、ワゴン車は止まることなく走り去ったという。

警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。現場に脱落していたミラーを調べ、車種の特定を進めており、早期に車当たり捜査に移行する方針だ。