トムソン・ロイター 2011 Top 100 グローバル・イノベーター・アワード

住友ゴム工業は、情報サービス企業であるトムソン・ロイター社がイノベーションのグローバル・リーダー企業100社を選出する「トムソン・ロイター 2011 Top 100 グローバル・イノベーター・アワード」に選定されたと発表した。

トムソン・ロイター 2011 Top 100 グローバル・イノベーター・アワードは、トムソン・ロイターが、知的財産活動の「成功率」(特許庁での登録率)、「グローバル性」、「影響力」、「数量」から成る4つの評価基準で、客観的なデータと分析手法により、イノベーションに積極的で、知的財産権保護の遵守に努め、世界に影響を及ぼす発明をもたらした企業100社を選出するもの。

住友ゴムは「石油外天然資源タイヤ」や「低燃費タイヤ」の開発など、地球環境への配慮と安全・安心を両立するタイヤの開発を進めており、こうした先進的な取り組みが認められた。