Windows Azure AppFabric Composition Model

日産自動車は12月12日、米国のマイクロソフトと「マイクロソフト・ダイナミクス・CRM」をベースとした次世代ディーラーマネジメントシステムを構築する覚書を締結したと発表した。ダイナミクス・CRMの強力な基盤と、日産の自動車業界のノウハウを融合して日産の次世代ディーラーマネジメントシステムを構築する。

システムでは、CRM機能、ソーシャルコラボレーションツールを融合させることで、顧客と強固な関係を構築するのに役立てる。また、販売を促進し、グローバル規模での市場シェアを高めることにも貢献できると、している。

両社はシステムをWindows Azure platform上で稼働させ、マイクロソフトのパブリッククラウドサービスが持つスケールメリットや柔軟性を享受できるようにする。

日産のアンディ・パーマー副社長は「日産は中期経営計画(日産パワー88)の元、新たな成長段階へと踏み出している。システムが、当社の販売拡大およびブランド向上に貢献することを期待している」とコメントしている。

次世代ディーラーマネジメントシステムは、日本と他の戦略的地域の日産ディーラー網へ順次展開する予定。システムは、様々な国、地域にある自動車メーカーの固有な要件に合わせてカスタマイズできる柔軟性を持たせており、他社へ適用できる。

日産は今後、アプリケーションのグローバル展開、クラウド技術の適用拡大を目的にダイナミクス・CRMとWindows Azureの活用を検討していく。