日本電産トーソクは、ベトナムに自動車部品を製造する工場を設立すると発表した。

同社はホーチミン市にある日本電産トーソク・ベトナムを1997年から稼働しているが、既存製品の増産と新規顧客向の製品の拡大に備えて新会社を設立して今後の需要の拡大ニーズに対応する。

新会社は「日本電産トーソク・プレシジョン・ベトナム」で2012年3月31日に設立する。資本金は15億5000万円。

工場はホーチミン市の南のベンチェ省に設立。2012年9月に竣工して2013年4月から生産を開始する予定だ。

主に自動車用自動変速機やCVT用のコントロール部品を製造し、主要な自動車関連メーカーに供給する。