日本自動車販売協会連合会が発表した11月の一時抹消登録台数は、前年同月比11.1%増の29万4037台と2か月連続で前年を上回り好調だった。

東日本大震災の影響で滞っていた新車のデリバリーが正常化したのに伴って、下取りとなる中古車の流通量が大幅に増加。中古車販売台数も順調に推移している。

中古車事業者も在庫を増やしており、一時抹消登録も増加している模様だ。前月に続いて30万台近い中古車が一時抹消登録された。