米EVベンチャー、AMP社が発売しているメルセデスベンツ『Mクラス』ベースのEV

米国のAMPエレクトリックビークルズ社は8日、2012年1月に開催されるデトロイトモーターショー12に、新型EVを出品すると発表した。

同社は、米国オハイオ州に本拠を置くベンチャー企業。市販車をベースにEV改造を施すコンバージョンを手がけており、最近ではメルセデスベンツ『Mクラス』ベースのEVを米国市場で発売している。

そんな同社が、最新作をデトロイトモーターショー12で初公開。現時点では、SUVのEVプロトタイプということしか公表されていないが、ショー会場では報道関係者向けに試乗の機会を設けるとしており、実用段階にあることをうかがわせる。

AMPエレクトリックビークルズ社のジム・テイラーCEOは、「1回の充電で最大160km走行可能。小型車ではないSUVのEVを求める顧客の需要を満たす」とコメントしている。